美容整形は長期休暇中に行うのがベスト

美容整形を行なうのなら、長期休暇中に行うのがベストです。なぜなら、手術が1日で終わっても、その後の顔の腫れや違和感がなくなるまで数日は最低必要になるからです。さすがに平日、学校や会社がある日に手術するとなると、翌日から他の人と顔を合わせるのは難しいですよね?

学生さんならば、夏休みや冬休みなどを利用するのが良いでしょう。また、お勤めの方ならばゴールデンウィークや夏季休暇を利用するのが賢いと言えます。たしかにこの時期はみなさん、手術希望が殺到するかもしれませんが、やはり日程としては最も都合が良いので、仕方がありませんね。

こうした長期休暇中に美容整形を行う方が良いのは、何も術後の腫れや違和感対策だけではありません。美容整形は、以前の顔を捨てて新しい自分の顔を作るステップですよね?でも、いくら自分から望んだとはいえ、新しい顔に慣れるのにも少し時間が必要かもしれないのです。

新しく、美しく変わった自分の顔に慣れて、前向きに生活をスタートさせるためにも、その準備期間として日数が必要なんですね。そのことを考えても、学校があったり、会社があったりするよりは、長期休暇中の方が何かと良いのです。

でも、どうしても何らかの事情があって、長期休暇中には美容整形を行えない、という場合もあるでしょう。その場合は、できるだけ手術後に2日程度は休暇が重なるような日程で、最低限考えるべきです。

顔の手術である美容整形は、手術が成功しても、翌日や翌々日は若干の腫れは残ります。メイクである程度隠せはしますが、他の人にどうしたの?と聞かれない程度に自然な状態にするためにも、2日は欲しいところです。これは最低限、なので、もしできればあと1~2日あれば理想的でしょう。

学生さんの場合は、できるだけ休講をしても影響がない授業の日を選んで、また会社勤めの方は、業務が忙しくない時期を選べば良いでしょう。長期休暇中に美容整形を行うのが本当はベストなのですが、できないなりにも、しっかりと計画を立てて、術後の不自然さがなくなったことにお披露目、の形に持っていきましょう。