襟足のムダ毛には泣かされてきた

襟足のムダ毛が気になるのは、私がずっとショートヘアにしているせいもあると思います。髪が長ければ気にならない箇所です。せいぜい髪をアップにしたり、一つにまとめたりするときに気になる程度でしょう。襟足が気になるなら髪を下ろしておけばいいのです。

しかし、髪の毛が多いとかロングが似合わないとかの理由でショートにしている人が、襟足が長くて髪の下から生え際が見えているのは、本当に格好悪いものです。誰もそんなところ見ないという意見もあるでしょうが、それを言い出せば女性のコンプレックスは全部否定されることになります。

今は脱毛サロンなどで襟足脱毛してもらう人が多いのでしょうか。昔はそんなところに行く人の方が少なかったので、原始的にカミソリで剃っていました。すぐに生えてくるし、首筋は皮膚もやわらかいので気を使います。また後ろなので鏡に見えず、手探りで剃る必要があります。脱毛サロンで襟足脱毛してもらえばそんな苦労もせずにすむわけですね。

首筋がスッキリしている人を見ると羨ましくなります。芸能人で言うと、剛力彩芽さんです。別に彼女のファンではありませんが、ショートヘアから除く首筋はいいなあと思います。彼女のように襟足の短い人は襟足脱毛のことなど考える必要もないでしょうね。

私の襟足が長いのは母譲りです。しかも私の息子にも遺伝しています。こんなどうでもいい、別に会ってもなくてもいいようなことが遺伝するのは、考えてみれば不思議です。何が遺伝して何が遺伝しないかを決めているのは何なんでしょう。どうしていい点ばかりがいでんしないのでしょう。そうすれば人類はますます発展・進化するでしょうに。襟足とは関係ありませんが。

昔はあれほど気にしてカミソリばかり使っていましたが、最近は年を取ったせいかあまり気にならなくなってきました。それこそ「誰も見ていない」という気分です。女性のコンプレックスを解消する一番の方法は「加齢」であると言えるかもしれません。