長年髪の毛を伸ばしていたので、襟足に関しては無防備でした

私は髪の毛を伸ばすのが好きなので、もうここ数年は美容院に行っても毛先を揃える程度にしています。その結果、髪の毛の長さは腰の部分にまで達するようになり、さすがにちょっと毎日のヘアケアが面倒くさいなと思うようになりました。

もっとも、私が髪の毛を伸ばしている理由がもう一つありまして、それは結婚式で文金高島田を自分の髪の毛で結っていきたいという願いがあったのです。おかげさまでその願いを叶えることもでき、正直言って髪の毛を伸ばすのと日々のケアの労力を天秤にかけると短くしてもいいかななんて思うようになったんですよね。

それでも行動の起こせずにいたのですが、ついに行動に起こさざるを得ない事態に遭遇します。妊娠したのです。私は子供が大好きなので、世界で一番大切な旦那との間にできた子供はまさに私にとっては宝物そのものです。これは絶対に自分を犠牲にしてでも育てなければいけません。そうなると、風呂上りに延々と髪の毛を乾かすなんてことも出来なくなります。そのため、思い切って髪の毛を切ることにしたのです。
こうしてボブヘアに近い長さまで切ったのですが、短いって本当に楽なんですね。髪の毛を乾かす時間も大幅に短縮され、今まで無駄にしていた時間を思うとちょっと恨めしくも思ってしまいます。

しかし、ここで問題が起こります。襟足が無防備なために、毛がポワポワと生えていても気にならないのです。それが変なことだと旦那に指摘されてからは、気になって仕方がありません。
かと言って、毎日のようにケアをするわけにもいきません。そこで、襟足脱毛をすることにしたのです。

全身脱毛とは異なり、襟足脱毛は一部分だけの脱毛なので本当に短時間で終わって楽なんですよね。これで綺麗さっぱりして子育てに臨めそうです。襟足脱毛した後は、旦那も褒めてくれて万々歳です。もしも私と同じように、髪の毛をずっと伸ばしていた方がいらっしゃいましたら襟足は気を付けられた方が良いですよ。無防備なので、意外と毛深い可能性もありますので。