襟足の脱毛にはどれだけの期間が必要なのか

襟足の産毛は髪をアップにするときに目立つことがあります。そのため襟足を脱毛する人が大勢います。しかし脱毛機関で襟足を脱毛する場合、どれくらいの期間を必要とするかをあらかじめ知っておくことは重要です。状況によっては襟足の脱毛に時間がかかってしまうことがあるからです。実際、襟足の脱毛期間はどの程度の脱毛を行うかによって異なります。まず考慮すべき点は襟足を脱毛する範囲です。

当然のことながら広い範囲で襟足を脱毛する場合、施術期間は長くなります。状況によっては2年ほどの期間を要することもあり、広い範囲の脱毛を完璧に行うことを考えておられる人は、2年の期間を目安に考える事ができます。もちろん脱毛機関にかなりの頻度で通うことができれば施術期間をもう少し短くすることができます。そのため施術前にきちんとした計画を立てることは施術期間を短くすることに役立ちます。

しかし一般的には襟足の産毛が目立たなくなるのは6回から12回の施術期間で十分であるとされています。もちろん個人差があるためにはっきりと何回目の施術で全てが完了すると断言することはできません。それでも費用を計算する上で、このような目安は役に立ちます。またサロンでの施術と、医療機関の施術とでは若干異なる点があります。

まずサロンでの施術は細胞を壊す行為が許されていません。そのため施術で用いる機械の威力は弱く、施術に時間がかかってしまうことがあります。また当然のことながら威力の弱い機械を用いて施術がなされるわけですから、襟足の産毛の毛根を破壊することはできません。そのためある一定の期間が経過すると、再び産毛が生えてきます。

しかしサロンでの施術は費用が安いという大きなメリットが存在します。そして医療機関での施術は細胞を破壊する行為が許されており、威力の強い機械を用いて施術がなされます。そのため襟足の産毛に対する施術期間は短く、その上毛根を破壊することが可能であるために、産毛が二度と生えてこない施術が可能となります。