VIOの脱毛は自分では難しく脱毛サロンを利用しました

綺麗に脱毛され、つるんとした肌は女性にとっては憧れです。そんな肌を目指して脱毛する方法は、自分で行う場合と脱毛サロンを利用する方法があります。また脱毛の手法も、カミソリ、脱毛クリーム、レーザー、光など色々とあります。

そんな中で、私は費用の点と、時間の関係から自分で可能な部分の脱毛は、女性用の脱毛用電気カミソリを利用して行っています。脇、足、腕などはこの脱毛用電気カミソリでそり、それと最近流行の脱毛石鹸を併用しています。
脱毛用電気カミソリで少し伸びたムダ毛を剃り落とし、脱毛石鹸で毛根からムダ毛を溶かして永久脱毛的につるりとした肌を得るために自分で考えた方法です。この方法で、結構綺麗に脱毛でき、良い方法を見つけたと自負しています。
しかし、この方法は自分で見える部分や面積の広い身体の部位なら良いのですが、いわゆるVIOのデリケートな部分はやはり無理なのです。

しかしこの部位こそ、パートナーに対するエチケットとして綺麗にしておきたい部位でもあります。そのためVIOのデリケートな部分は、脱毛サロンで永久脱毛処理をしてもらいました。
その脱毛サロンではレーザー脱毛で処理してもらいました。部位が部位だけに処理してくれる方が女性と言えども、やはり恥ずかしいものでした。前のV部は小さな紙パンツを付けて、そこからはみ出す部分を処理するのが主で、まだそれほどの恥ずかしさではありませんが、I部やO部は処理してもらう時の態勢も格好悪く、逃げ出したい想いに駆られたほどです。

それでも全身綺麗に脱毛する仕上げとしては欠かせず、パートナーの事を思い、何とか我慢できました。IO部は自分では見えない部位ですが、撫ぜてみるとつるりとした感触で、綺麗になっている事が分かりました。永久脱毛と言えども、長年の間にはまたムダ毛が徐々にはえてくるため、何年かすると、また恥ずかしい想いをせざるを得ないでしょうが、これで当分は大丈夫だと思うと、ホッとしたものです。
本当は、恥ずかしい部分は自分で処理し、それ以外の部位を脱毛サロンで処理してもらうのが気持ち的には理想ですが、費用と自分で処理できる部位を考えると、それが逆にならざるを得ないのは、何とも皮肉な感じもしますネ。